婚約指輪といえば、大きなダイヤモンドが中心にセットされたダイヤモンドが主役の指輪が通例です。

 

なぜなら価値の高いダイヤモンドを婚約記念品とする目的があるからです。そんな婚約指輪の平均予算や価格は全国では約30万円ほど。

決して安い品物ではありません。それでもほとんどの方が婚約や結婚にあたって贈られている人気な指輪です。

しかし中にはどうしても予算がなかったりと、婚約指輪を検討したいけれど手がとどかないという場合もあります。

相手も理解はしてくれるけれども、やはり何か記念になるプレゼントは贈りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

今回の記事では婚約指輪の予算がなくても、婚約指輪の代わりにエタニティリングをプレゼントすることで、素敵なプロポーズプレゼントや婚約記念品を叶える方法についてご紹介します。

 


 

 

婚約指輪の予算っていくら?

 

婚約指輪_予算_価格

 

そもそも婚約指輪の予算は、平均でも約30万円ほど。

基本的には、30万円〜50万円あたりが全国でもホットゾーンです。

100万円を超えるとかなり特別な印象になります。

 

むかしは給料の三ヶ月分なんて言われていましたが、現在は給料一ヶ月分くらいから検討される方がほとんど。

あとは貯蓄状況や、価値観や目的に合わせて予算を足していきます。

つまり婚約指輪の予算は30万円からが基本的に求められる金額となります。

 

 

安価にすることで損をしやすい

 

プロポーズ_失敗_断る_NG_婚約指輪_エンゲージリング

 

婚約指輪は宝飾品です。価値の高いダイヤモンドと貴金属で成り立っているため、商品そのものが価値を持ちます。

また婚約指輪はダイヤモンドが何カラットなのかというポイントが重要視されます。

 

婚約指輪_ダイヤモンド_カラット_0.5カラット_デザイン

 

 

安価に婚約指輪を入手するならクラスを落とせば良いわけですが、結局安価にすることで婚約指輪の主張性や価値が損なわれるため、かえって損になってしまいやすいです。

良く筆者もお話をしているのは、0.3カラットを下回ったり、30万円の予算が捻出出来ない場合には、婚約指輪という選択肢をなくした方が良いということです。

婚約指輪を贈ることはルールではありません。無理に安価に済ませて、結局損をしやすいのであれば、贈らないという方法も入れるべきだからです。

クラスが低すぎたり、平均を下回るものであったり、安価なことが容易に分かりやすいジュエリーは諸刃の剣なのです。

元々は価値を身にまとい、主張させることがジュエリーの目的なのです。

 

 

けれど贈りたい、そんな時の裏技

 

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_エンゲージ_彼女_悩み_シンプル_デザイン_ダイヤモンド_選ぶ

 

30万円以上の予算は厳しい。

けれどプロポーズのプレゼントとして、婚約の証として何か記念になって相手が喜んでくれるような指輪などをプレゼントしたい。そう思うのも当然です。

ここからが本題になりますが、そういった場合にも工夫をすることで喜ばれる贈り方を叶えることができます。

 

エタニティリング-婚約指輪-結婚指輪

 

 

その商品が、エタニティリングです。

エタニティリングとは、比較的小粒のダイヤモンドをライン状に並べた指輪のこと。

ダイヤモンドの価値は1石の大きさで決まりますが、このように小粒のダイヤモンドの集合体だと価格を抑えることができます。

小粒でも集合するため、見た目は贅沢な主張を纏うことができます。

また華奢な指輪のため、ファッションリングとしても非常に有用であり、毎日身につけることができます。

さらに結婚指輪との重ね付けの相性も抜群。女性なら1つ持っておくと非常に便利な指輪です。

 

 

 

エタニティリング-婚約指輪-結婚指輪

フルエタニティリング

 

エタニティリング-婚約指輪-結婚指輪

ハーフエタニティリング

 

 

 

元々全周ダイヤモンドをセットしたタイプがエタニティリング(永遠のリング)でしたが、昨今はどのブランドでも半周セットのハーフエタニティが主流。

理由は全周にセットしてしまうとサイズ直しができなくなってしまうからです。ハーフエタニティにすることで見た目はダイヤモンド、サイズ直しもできるスグレモノになります。

もちろん全周セットのエタニティリングも贅沢でおすすめではありますが、サイズ直しの概念で決めると良いでしょう。

 

 

 

 

婚約指輪としてもエタニティリングは存在しています。

写真のようにセンターには大きいダイヤモンドをセットする方式です。非常に贅沢です。

 

基本的な婚約指輪の予算が厳しい場合などでも、こういったエタニティリングで代用することで、プラスに転換できる可能性が高まります。

ただお相手の方が婚約指輪といえばセンターにしっかりとしたダイヤモンドが入っているものをイメージしている場合には注意が必要かもしれません。

 

 

エタニティリング-婚約指輪-結婚指輪

 

しかしエタニティリングによる活用性、美しさはコストパフォーマンス良く喜ばれる婚約指輪の代わりのプレゼントになるでしょう。

またエタニティリングなどで代用する場合には、思い切ってプロポーズの時などに言葉で出すことも重要です。

 

「今は予算がないけれど、毎日身につけられるエタニティリングを。」

「いつかまた贈る日まで、これを身に着けていて欲しい。」

などの言葉があることで、しっかりと考えてくれていたことが相手に伝わります。

心も暖かくなります。

 

しかし婚約指輪といえばイメージが強いため、もしこういった言葉がないと、不満に覚えてしまう方がいらっしゃるのも事実。

相手のことをしっかりと考えた結果なのですから、堂々と言葉に出して、相手に伝えましょう。

きっと素晴らしいプレゼントになると思います。

 

 

 

ダイヤモンドプロポーズでさらに演出効果を

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

最近では指輪でのプロポーズはもはや過去の方法になりつつあります。

全国でもプロポーズされる方のほとんどが指輪以外のものでプロポーズプレゼントを贈られています。

理由は明確でサイズや好みのデザインを独断で決めたくないから。二人で決めたほうが楽しいですし、何より相手への配慮となります。一生の宝物ですからね。

そこで大人気なのがダイヤモンドプロポーズ。

 

 

EIKA_FJEC_華やかなプロポーズから理想のリングへリメイク

 

ダイヤモンドのみでプロポーズを行い、後からデザインを決めるという方法。

1度で2度嬉しい優れたプロポーズプレゼントです。

 

いわゆる婚約指輪のダイヤモンドでなかったとしても、ダイヤモンドプロポーズをすることができます。

それがフラワージュエリーのマスターコレクション。

 

EIKA-フラワージュエリー-マスターコレクション

 

 

通常は婚約指輪へのフルオーダー権利と鑑定書ダイヤモンドがセットされたエンゲージメントコレクションが人気ですが、マスターコレクションはエタニティリングなどに使用されるメレダイヤモンド(比較的小粒なダイヤモンドの集合体)がセットされており、後から好きなファッションジュエリーへと初回無料でリメイクすることができる優れものです。

 

 

EIKA-フラワージュエリー-マスターコレクション

 

 

主に結婚記念日や誕生日プレゼント、クリスマスプレゼントなどで大人気なコレクションですが、先にご紹介したエタニティリングをダイヤモンドプロポーズする方法としても活用できます。

エタニティリングはもちろんですが、美しいモチーフリング、そしてネックレスやブレスレットにもできます。

 

プロポーズ-花-青バラ

 

 

婚約指輪の予算が厳しい場合でも、フラワージュエリーならバラとダイヤモンド、そしてリメイクサービスで優れた演出効果を叶えることができます。

フラワージュエリー・エンゲージメントコレクションなら予算は全て込みで30万円から。

マスターコレクションなら予算は全て込みで7万円台から存在しています。EIKAフラワージュエリーについて詳しくは、ブランドサイトをご覧ください。

 

 

> フラワージュエリーコレクション詳細はこちら

 

せっかくのプレゼントです。

基本的な婚約指輪でなかった場合にも、お二人にとって嬉しい婚約プレゼントを叶えましょう。

 

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>