婚約指輪において常に議論され、常に婚約指輪を検討している方の疑問としてあるのが、カラットです。

ダイヤモンドが主役の指輪である婚約指輪はダイヤモンド選びであり、ダイヤモンドの大きさを決めるカラットは最も見た目の印象を左右します。

そのため、婚約指輪=何カラットなのか。という思考的な方程式が成り立っているのです。

 

しかしどこを見ても、どのブランドや宝石店のホームページを見ても、言っていることは様々です。

それは当たり前で、相手にしている顧客の収入帯やブランドイメージによって大きく変動するからです。

 

そこで今回の記事では、非常にニュートラルな目線で婚約指輪のダイヤモンドは何カラットが理想的なのかを考察してみました。

 


 

基本的予算を考える

 

婚約指輪-ショップ-お店-宝石店

 

まず婚約指輪と一重にいっても、そのクラスや価格は様々。数十万円のものから、数百億以上のものまで存在しています。

そのためまずは基本的な予算を考えることからスタートしなくては、いつまでも答えを作ることができません。

予算の決め方には人それぞれの価値観も混在しますが、妥当なラインということでのご紹介になります。

 

「基本月収1ヶ月分」

で考えるところからスタートしましょう。

年収を12ヶ月で割るか、手元の給与明細などの総額を予算とする方法です。

大体の月収が30万円であれば、30万円を婚約指輪の予算に。50万円であれば、100万円であればとそれぞれの予算感を出します。

 

「貯蓄から上乗せ」

月収1ヶ月分を予算とするのも良いですが、多くの場合貯蓄から上乗せした予算で検討されます。

なぜなら婚約指輪の相場は30万円から。平均予算も30万円ほど。

月収が20万円ほどであれば貯蓄から10万円を捻出して合計30万円にするというケースです。

もしくは貯蓄が潤沢にあり、とにかく婚約指輪のクラスにこだわって購入したい場合には、貯蓄高に合わせて予算を自由に追加すると良いでしょう。

 

むかしはお給料の三ヶ月分などと言われていました。

これはルールではなく、当時の宝石ブランドがCMで大々的に放映したイメージによるものです。

 

基本的には基本月収1ヶ月分から予算を検討して、あとは貯蓄状況や想い・優先度に合わせて検討することで、ある程度の予算感を創り出すことができます。

上も下もキリがないのが、宝石。基本予算を作ることはとても大切な作業です。

 

 

平均相場と平均カラットから考える

 

婚約指輪_エンゲージリング_ソリテール_ソリティア

 

婚約指輪の平均相場(平均価格・平均予算)は日本全国で約30万円です。海外では異なります。

そして平均的な婚約指輪のカラットは0.3カラットになります。

日本は空前のブランドブームから脱しており、最適価格で優れた購買活動を行うことができます。

美しいダイヤモンドであることを条件に、平均予算30万円で最適なダイヤモンドのカラットが0.3カラット周辺となります。

 

婚約指輪における平均相場とは選ばれている下限クラスという考えになります。

なぜなら0.3カラットを下回るカラットでは著しくダイヤモンドの主張性が損なわれるため、婚約指輪の主役としては向いていないからです。

婚約指輪のカラットは0.3カラットという平均値を下限として検討するという考えにしておきましょう。

 

 

中途半端なカラットは除外していく

 

婚約指輪-カラット-エンゲージリング-1カラット

 

ダイヤモンドのカラットといっても、小数点三以下まで表記がされます。

例えば0.3カラットといっても、実際には0.325カラットのようにグレーティングされます。

しかし小数点2以下は無視して問題ありません。時々小数点2以下にもこだわってしまうケースがありますが、おすすめできません。

ダイヤモンドのカラットは小数点1までが重要視される傾向にあるからです。

 

例えば普段でも、その婚約指輪のカラットは何カラットなのか?という質問をされて、小数点2以下まで教える方はいらっしゃらないですよね。

同じことになります。

 

また中途半端な数字のカラットは除外して検討しましょう。候補は少なくあるべきです。

 

・0.3カラット

(・0.4カラット)

・0.5カラット

・0.7カラット

・1カラット

・1.5カラット

・2カラット

 

上記のように候補を検討してください。0.4カラットを括弧にしているのは、0.5カラットの予算に届かない場合に選ばれる傾向があるためです。

0.6カラットや0.9カラットなどの中途半端なカラットは非常にコストパフォマンスが悪くなり、業者間でも敬遠されます。売りにくいからです。

0.9カラットであれば1カラットの方が印象が良いです。費用があがってもコストパフォマンスは高くなります。

 

 

目的別おすすめカラット

 

EIKA_FJEC_カラット比較

上から1カラット・0.7カラット・0.5カラット・0.3カラット

 

前提が長くなりましたが、大切なのは婚約指輪に対する目的に応じて理想的なカラットは変動するという点。

基本的な目的毎におすすめなカラットを実際の婚約指輪写真を交えてご紹介しましょう。

 

「とにかく特別感!:1カラット〜」

 

婚約指輪-カラット-エンゲージリング-1カラット-EIKA

 

とにかくカラットの数字を聞くだけで特別感が伝わるものにしたい。

ダイヤモンドそのものの主張性が高く、価値も非常に高いもので婚約指輪を贈りたい。身につけたい。

その場合には1カラットオーバーのダイヤモンドがおすすめになります。写真は1カラットの婚約指輪になります。

誰が見ても大きい印象を持つダイヤモンドです。予算は100万円からが相場です。

(海外のセレブリティになると、2カラット・10カラットなんてありますが・・・)

 

 

「特別感が伝わる程度!:0.7カラット」

 

婚約指輪-カラット-エンゲージリング-1カラット-EIKA

 

 

特別感をとにかく出したいけれど、1カラット100万円以上までの予算はない。

その場合には0.7カラットがおすすめになります。0.8カラットや0.9カラットは先にご紹介した中途半端なカラットになるのでおすすめしません。

0.7カラットのダイヤモンドであれば1カラットに引けを取らない主張性を担保できます。また7という数字が幸福を意味するため、敢えて選ぶ方もいらっしゃいますね。

価格は70〜80万円ほどからが相場です。写真も0.7カラットの婚約指輪になります。

0.7カラット以上であればダイヤモンド単体でもプロポーズの際に非常に美しい主張性を伴ったサプライズを可能にします。

 

 

「総合バランス、賢い選択肢!:0.5カラット」

 

婚約指輪-カラット-エンゲージリング-0.5カラット-EIKA

 

 

大きすぎず、小さくもない。様々なデザインとの相性も良く、主張性も伴っている。

そんな大人の選択肢として絶大な人気を誇るのが、0.5カラットの婚約指輪です。実は筆者もまずはおすすめしているカラット。

もちろん主張性について言えば0.7カラット以上のダイヤモンドは確かに素晴らしいですが、予算をここまでかけられる方は限られます。

しかし結婚する方のほとんどが贈られる婚約指輪。最適な選択肢がどれかと聞かれれば、まず0.5カラットの婚約指輪がおすすめとなるのです。

理由は明確です。主張もしっかりあり、婚約指輪全体のデザインバランスにも優れているから。非常に賢い選択肢なのです。

予算は50万円が相場です。写真も0.5カラットの婚約指輪になります。

 

 

「必要最低限に!:0.3カラット〜0.4カラット」

婚約指輪-カラット-エンゲージリング-0.3カラット-EIKA

 

 

とにかく婚約指輪として必要最低限のカラットにおさえたい。

そういった目的の場合には、平均相場でもある0.3カラットもしくは0.4カラットがおすすめになります。

写真は実際に0.3カラットの婚約指輪ですが、コンパクトに最低限の主張は伴っている印象です。

ファッションにも合わせやすい印象があります。予算は0.3カラットで30万円ほどが相場になります。平均相場と同一です。

0.4カラットであれば40万円あたりが相場です。

 

 

0.3カラット未満なら不要も視野に

 

 

プロポーズ_失敗_断る_NG_婚約指輪_エンゲージリング

 

最近では何事も倹約的な傾向にあります。

その代わりお金をかけるべき部分にはしっかりとかける傾向があります。

必要でないものにはとにかくお金も時間もかけず、必要なものをしっかりと選ぶ。非常に素晴らしいことだと思います。

婚約指輪においては、一部店舗やブランドで0.2カラットや0.1カラットのダイヤモンドリングを婚約指輪としておすすめしているケースが見受けられます。

これは間違いです。

 

正直なお話、0.3カラットを下回るのであればそもそもダイヤモンドが主役の指輪を検討する意味がなくなるからです。

(0.2カラットまではギリギリ許容という選択肢にもなりえますが・・・)

 

婚約指輪-エンゲージリング-1カラット-ダイヤモンド

 

 

そもそも婚約指輪とは、婚約記念品として価値の高い・主張性の高いダイヤモンドを贈り、それを指輪として身につける手段。

つまり価値の高いダイヤモンドリングを婚約記念品としようというものです。主張性を失ってしまうのであれば、意味がなくなります。

 

 

 

ダイヤモンドは1石の大きさで価値が決まります。

0.3カラットを下回る婚約指輪であれば、写真のようにダイヤモンドが集合したファッションジュエリータイプの指輪の方が良い選択肢になります。

 

 

プロポーズプレゼント_婚約ネックレス

 

 

そもそも指輪ではなく、ネックレスでも良いです。そしてジュエリーを贈らないという選択肢もあります。

 

贈らなければいけないという義務感から、どうしてもダイヤモンドで完結しようとなってしまいますが、その必要性はないのです。

婚約指輪として贈るなら0.3カラット以上で検討、下回るのであればもっと広い選択肢から選んだ方が、よりよい選択肢が生まれるのもジュエリーの世界なのです。

 

 

ダイヤモンドプロポーズも0.3カラットから

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

また現在はプロポーズで指輪は贈らずに、指輪以外のものでプロポーズする方が人気です。

その代表格がダイヤモンドプロポーズですが、例えば0.3カラット未満だとダイヤモンドプロポーズでもダイヤモンドが小さく演出に欠けてしまいます。

プロポーズにおいても、婚約指輪においても、基本は0.3カラットから検討されると良いでしょう。

 

 

 

婚約指輪はその時のためだけの指輪ではありません。

贈られた女性にとっては一生の宝物。そして世代を引継いでいく指輪です。

ダイヤモンドの輝きも貴金属もなくなることはありません。

ジュエリーの世界は最適なものを選ぶことが重要であり、予算を低くすれば良いというものでもありません。

お二人にとって最適なカラットのダイヤモンドでプロポーズして、二人にとって嬉しいデザインを決めていきましょう。

 

> ダイヤモンドプロポーズに関する記事はこちら