婚約指輪(エンゲージリング)は、ダイヤモンドが主役の指輪のこと。

価値の高いダイヤモンドをまとった指輪を婚約記念品としたものです。

つまり婚約指輪選びとは、ダイヤモンド選びであり、いかに最適なダイヤモンドを入手できるかが重要です。

ダイヤモンドには4Cと呼ばれる世界共通のグレーティングシステムが存在しています。

カラット(重量・大きさ)は皆さんご存知ですが、よくエクセレントカットという言葉を聞きます。

カラットに次いで大切な指標ともされるカットにおいて最高等級がエクセレントカット。

しかし婚約指輪のカットはエクセレントカットである必要性があるのでしょうか。

 


 

ダイヤモンドのカットとは?

 

ダイヤモンド-カット

 

そもそもダイヤモンドのカットには、下記のような指標があります。

 

EXCELLENT(エクセレント):最高等級

VERY GOOD (ベリーグッド):第二等級

GOOD(グッド):第三等級(良いカットの下限)

FAIR(フェア):第四等級

POOR(プア):最低等級

 

言葉の通りで、素晴らしいカットから貧相なダイヤモンドまでがあります。

ダイヤモンドの価値を決める4Cは、4つの指標を総合的に判断しますが、カットだけは唯一人工の部分に関する指標。

 

 

ダイヤモンド-原石

 

元々ダイヤモンドは写真のように原石の状態。

 

 

ダイヤモンド-原石-カット-研磨

 

これをカット(研磨)することで皆さんご存知のダイヤモンドの輝きと形になります。

つまりいくら素材が良くても、カットの質が悪ければ台無しになってしまうわけです。

カラットと同様に見た目に関する指標のため、重要視されるわけです。

 

 

GOOD以上なら良い

 

 

上位のカットであればあるほど良いダイヤモンドに違いはありません。

しかし言葉の通り、GOOD以上なら良いダイヤモンドということが必ずいえます。

つまり良いカットで品定めするならば、GOOD以上であれば問題ないのです。

 

宝石店はよりよい価値を持つ、高い宝石をおすすめするのは当然ですが、最低限GOOD以上であれば問題ないということを頭にいれておきましょう。

 

 

主役のダイヤはVERY GOOD以上

 

婚約指輪_セレブ_芸能人_エンゲージリング_ソリテール_ソリティア_ダイヤモンド

 

しかし婚約指輪の主役となるダイヤモンドであれば、少し話が変わってきます。

ダイヤモンドには役割が2種類あります。それは主役のダイヤモンドなのか、脇役のダイヤモンドなのか。

 

EIKA_EC1030_PT950_レビュー_着用イメージ_婚約指輪_エンゲージリング_プレ花嫁_プロポーズ

 

 

例えばこちらの指輪。

中心にセットされているのが、主役のダイヤモンド。センターストーンと呼ばれます。

そして脇にセットされているダイヤモンドが、サイドストーンダイヤモンド。

デザインのためにセットされる比較的小粒なダイヤモンド達です。

 

主役のダイヤモンドであるならば、プロはVERY GOOD(ベリーグッド)以上を好みます。

主役に値するダイヤモンドであれば、ただ良いダイヤモンドよりも、とても良いカットのダイヤモンドの方が見栄えも印象も良いからです。

 

1カラットなどの大きなカラット以上だと少しの指標で価格が大幅に変動してしまうため、GOODを許容するケースもありますが、婚約指輪の主役たるダイヤモンドのカットはVERY GOOD(ベリーグッド)以上で選ぶようにしましょう。

 

EXCELLENTは絶対ではない

 

婚約指輪_ダイヤモンド_カラット_0.5カラット_デザイン

 

以上のことから、婚約指輪のダイヤモンドはEXCELLENT(エクセレントカット)である絶対的な必要性はありません。むしろVERY GOODからを選択肢に入れることで、優れた選択肢を得ることができます。

 

エクセレントカットだけに絞ってしまうと選択肢が狭まってしまいます。選択肢が1つだけしかないのですから。しかしベリーグッドを入れることで広い選択肢を得ることができますね。

 

カラット毎におすすめも変わります。

 

・〜0.3カラット:エクセレントカット

・0..4カラット:ベリーグッド

・0.5カラット:ベリーグッド

 

0.3カラットは全国の平均値のため、エクセレントカットが非常に人気です。

少しでも特別なダイヤモンドを選んだというメッセージ性が欲しくなるからです。

0.3カラットを超えるとカラットで特別感が徐々に生まれてくるため、ベリーグッドからを選択肢に入れます。

 

 

 

なぜエクセレントだらけ?

 

婚約指輪-ショップ-お店-宝石店

 

特に日本の宝石店やブランドはエクセレントカットが大好きです。

なぜならブランド力のある宝石店が少ないからです。

そのため当店は、エクセレントカットです!という打ち出しが非常に多くなりました。

これらの理由からエクセレントカットがよく広告でも出て来るわけです。

しかしこれらはお店の都合であって、関係はありません。

ベリーグッドから自信をもって選択肢に入れましょう。

 

例えば欧米のラグジュアリーブランドではエクセレントカットもありますが、そればかりではありません。

エクセレントカットに固執しているのは、日本の市場ということです。

 

またハートアンドキューピッド(ハートアンドアロー)やトリプルエクセレントという特殊なカットもよく宣伝されていますが、あまり関係ありません。肉眼では視認できませんし、あくまでカットの最高等級はエクセレント。気にせずに検討をしましょう。

 

ダイヤモンドプロポーズする方法や、ダイヤモンドの4Cについて詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

 

>フラワージュエリーで理想の婚約指輪を

 

> ダイヤモンドの4Cについて

「合わせてオススメしたい記事」

パーフェクトなプロポーズと完璧な指輪を叶える、ダイヤモンドプロポーズ>

究極のプロポーズプレゼント、EIKAのフラワージュエリー>