今回は筆者のレビュー記事です。

婚約指輪(エンゲージリング)と言えば指輪の中心に美しく輝くダイヤモンドがセッティングされた指輪ですが、婚約指輪には様々なデザイン・クラスが存在しています。

無数に思える婚約指輪のデザインにも一定のルールや種類があります。

婚約指輪の基本的なデザインの中から今回は婚約指輪の中でも最も華やかな婚約指輪のデザインとも言えるエタニティデザインよりこちらの婚約指輪デザインをご紹介します。

 

これから婚約指輪探しをされるプレ花嫁様や、プロポーズを検討されている男性の方もぜひ候補に入れてみてくださいね。

 


 

「グラデーションラインのハーフエタニティリング」

EIKA_婚約指輪_レビュー_ダイヤモンド_EC1029

エタニティ=永遠

まさに二人の愛が永遠に続くようにと願う婚約指輪デザインがエタニティリングです。

婚約指輪のアーム部分にもダイヤモンドをセットしていく手法で、リング全体でダイヤモンドの輝きを楽しむことができる贅沢な婚約指輪のデザインとして人気があります。

そしてその贅沢さから憧れのデザインともされています。センターダイヤモンドの存在しない結婚指輪などでも人気なデザインですね。

またこちらの婚約指輪はアーム部分のダイヤモンドがグラデーション状に配置されることによって、ストレートアームの中に流星のような造形をまとい表情豊かな輝きを楽しむことが出来ます。

”星に願いを”エタニティリングに込められた素敵な想いの形がこちらの婚約指輪のデザインなのです。

 

「自分だけでなく相手も楽しめる婚約指輪」

EIKA_婚約指輪_レビュー_ダイヤモンド_EC1029

こちらのエタニティリングは、グラデーションにダイヤモンドをセッティングされていることにより、婚約指輪を横から眺めた時にもエタニティ部分のダイヤモンドの輝きや婚約指輪のデザインの表情を楽しめるようにダイヤモンドを配置しています。

 

EIKA_婚約指輪_レビュー_ダイヤモンド_EC1029

 

婚約指輪を選ぶときに真上から婚約指輪を見て婚約指輪のデザインを決める方もいるとは思いますが、実際婚約指輪を身に着けてみると実は真上から見ることよりも、テーブルの上に手を置いた瞬間やカバンを持った時などさりげない瞬間に婚約指輪を見ることが意外と多いのです。

 

EIKA_婚約指輪_レビュー_ダイヤモンド_EC1029

 

そして食事をしているとき等の向かいに座っている彼にもグラデーション状に配置されたダイヤモンドが見えるので、お相手様が見ても楽しんでもらえる婚約指輪のデザインでもあります。

いろんな角度からも婚約指輪のデザインを楽しんでいただくことが出来ます。

 

「カラーゴールドも素敵」

婚約指輪=プラチナ(シルバーカラー)。普段に身に着けるには重厚感があるからこそ着けにくいという方も・・・。

より身近に婚約指輪を感じていただくにはカラーゴールドという選択も非常に素敵なものになります。

EIKA_婚約指輪_レビュー_ダイヤモンド_EC1029_K18RG

まずはK18ローズゴールドです。ローズゴールドにすればより婚約指輪をより身につけやすくなりますし、何より可愛らしいデザインになります。

ローズゴールドが別名ピンクゴールドとも呼ばれ肌なじみが非常に良いことからファッションリングでも大変人気です。

 

EIKA_婚約指輪_レビュー_ダイヤモンド_EC1029_K18YG

K18イエローゴールドになると、より華やかにそして洗練された印象を与えてくれます。スッキリとしたかっこいい印象も与えてくれます。洗練されたデザインだからこそ流星のデザインとの相性は抜群です。

 

”永遠を流星に願う”という意味を婚約指輪に込める。

二人にとって世界でただひとつの婚約指輪。

あなたらしい婚約指輪を統一価格で叶えられるEIKAの華やかな婚約指輪をぜひご覧ください。

 

EIKAの婚約指輪の詳細はこちら>