プロポーズの失敗、それはまるでこの世の終わりのように感じる出来事。

結婚したいとまで思った方への告白が失敗に終わるわけですから、絶対に失敗したくないプロポーズ。

しかし現実にはプロポーズに失敗してしまった方のエピソードは多いものです。

最近はほとんどの場合に結婚しようという意思をある程度共有した上でプロポーズされる方が多いため、失敗するケースは少なくなりましたが、それでも失敗してしまうことがあります。

 

なぜプロポーズに失敗してしまうのでしょうか?

今回はプロポーズが失敗するヒトに共通する様々なケース・パターンをご紹介します。

 


 

関係が成熟していない

 

 

プロポーズが失敗するケースとして最も多いのが、このケースです。

結婚したいと思えるまでお互いの関係が成熟していない場合です。

どちらかが結婚しても良いと思ってはいても、どちらかが思っていなければ意味がありません。

お付き合いの期間の長さ=関係の成熟とは必ずしもイコールにはなりませんが、比較的お付き合いしてからの期間が短いカップルにおこりやすいのも事実です。

 

プロポーズは結婚の意思をお互いが確かめ合うイベントでもあります。

いざプロポーズされた時に、まだ結婚は心がついていっていないと感じてしまった場合には、プロポーズが失敗する可能性が高まります。

 

お互いの理解、フィーリング、一緒に時間を過ごしている時にリラックスできているか。

など関係が結婚するまでに成熟しているかはある程度確認しておいた方が良いでしょう。

 

仕事が忙しい

 

仕事-女性-キャリア

 

昨今増えているプロポーズの失敗事例が、仕事関係によるものです。

今や女性も男性以上にキャリアを積む時代。人生の大半を占めるお仕事は、とても大切なことです。

それにお仕事に対して夢をもって取り組む方は非常に多いです。

お仕事が忙しい時期だったり、お仕事に集中したい時。

結婚がその妨げになってしまうのではないかと感じてしまっている場合には、プロポーズが失敗することが多いです。ただこの場合はプロポーズが失敗したとしても、恋人の関係はその後も良好なカップルが多いです。

しばらくはお仕事に集中して、また機会を改めて。と確かめ合うからです。

 

 

 

結婚がお仕事の妨げになるのではないかと女性が考えることの理由の1つとして、出産があります。

子供が産まれれば、生活は激変します。これは男性にとっても女性にとっても共通します。

特に女性は出産をしますから、身体的・精神的な負担は大きいです。

結婚したら子供がほしい。そう考える女性は、お仕事をしっかりとしてから迎えたいと考えているかもしれません。

 

 

お相手の方のお仕事の状況や今後の人生プランなど、普段から二人で話しておくのも良いですね。

転職したばかりだったり、そのお仕事がまだ安定期を迎えていない時などは、精神的な余裕もないものです。そのあたりを考えながらプロポーズしないと、自分のことを考えてくれていないと感じられてしまいます。

 

そもそも結婚を考えていない

 

プロポーズプレゼント_失敗

 

そもそも結婚したいと思っていない。

結婚を考えていない場合には、確実にプロポーズは失敗します。

人生にはいろいろな価値観を持った方がいらっしゃいます。結婚することが全ての方の答えではありません。

結婚せずに、ずっと恋人のままでいたい。と考える方もいらっしゃいます。

もしくは今お付き合いしているのは、結婚を前提としていないと考えている場合も。

将来的には結婚も。と考えが変わる方も多いですが、いずれにしても今は結婚を全く考えていないという場合、プロポーズしても断られるのは決定的です。

 

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_エンゲージ_彼女_悩み_シンプル_デザイン_ダイヤモンド_選ぶ

 

普段から結婚についての価値観などカジュアルな会話に織り交ぜて話してみましょう。

こういったコミュニケーションは二人の関係にとっても大切です。

そしてプロポーズの失敗を防止することもできます。

 

一番やってはいけないこと、それは価値観の押し付けです。

結婚しなきゃ駄目というのはその方の価値観です。大切なのはお互いの価値観を尊重すること。

それこそが最も健全な関係なのではないでしょうか。

結婚は素晴らしいものです。そして結婚しない人生もまた素晴らしいものです。

方法は人それぞれなんですね。

 

プロポーズ方法に不満

 

 

これはプロポーズの失敗というより、演出の失敗というケース。

二人の関係にヒビが入るというよりは、プロポーズについてダメ出しをされてしまうパターンです。

プロポーズは一生にまたとない特別な機会。

しっかりと素敵な気持ちが感じられるプロポーズでなくてはなりません。

心が通じないプロポーズの場合には、やり直して欲しいと言われてしまうこともあります。

きちんと意見を言っていただけた場合には良いですが、言わずにずっと不満に思われてしまう場合が最悪です。

 

プロポーズする場所、言葉、そしてプロポーズのプレゼント。

どれもが総合的に彼女にとって喜ばしいプロポーズであり、プロポーズされる方の気持ちが通じるものか。

しっかりと計画しましょう。勢いでプロポーズすると、ばれて逆効果です。

 

 

指輪に不満

 

プロポーズ_失敗_断る_NG_婚約指輪_エンゲージリング

 

プロポーズでもらった婚約指輪に不満を感じたケースです。

もしくはその方が想像していた婚約指輪とはかけ離れていた場合です。

このケースは厄介です。プレゼントですので、ほとんどの女性も不満を口に出すことはしません。

しかしYAHOO 知恵袋などで調べてみてください。たくさんの不満が残されています。

 

プロポーズに婚約指輪の箱をパカっと開いて。というイメージの方は多いはずです。

しかし実は実際にプロポーズで指輪をプレゼントされる方は稀なケースです。

これを意外と感じるかと思いますが、理由は明確です。

 

 

まずサイズはどうするのでしょうか。

左手薬指に関して最新のぴったりな指輪サイズを知ることは、非常に難しいです。

彼女に聞いても、それが正解かどうかは定かではありません。

またデザインによって適切なサイズは異なったりします。

 

 

次にデザインです。

どのように決めるのでしょうか。

ほとんどの方が初めての高価な指輪。

婚約指輪という指輪が存在するのではなく、価値の高いダイヤモンドがセットされたリングを婚約記念品とするという概念が正しいです。

彼女自身も実際に色々と試着してみないと、どんなデザインが良いのかは分かりません。

それをプロポーズで独断で決めてしまうには無理があります。

 

 

そして価格です。

婚約指輪は平均価格でも30万円から。決して安い買い物ではありません。

それをプロポーズプレゼントでプレゼントするにはリスクが高すぎます。

確かに女性も指輪のプロポーズをイメージにはしているかもしれません。

しかしほとんどの場合それは先入観であり、結果としては自分でデザインを選んだ方が幸せです。

 

気持ちは決して値段の高さではありません。

しかしシーンに対して相場というものは存在しています。

例えば結婚式のお祝儀は友人で3万円が相場です。これを1万円で包むのはとても失礼ですよね。

 

EIKA-フラワージュエリー-エンゲージメント-プロポーズ-婚約指輪-ダイヤモンド-バラ-花

 

婚約指輪や婚約記念品も同じです。

これから一生一緒に家族として生きていこうという場面に相応しいものであることは重要です。

しかしプロポーズで指輪はNGです。ダイヤモンドプロポーズなど今まさにスタンダードとなる人気な方法を採用しましょう。

 

ダイヤモンドプロポーズ>

 

 

収入に不安を感じている

 

EIKA_婚約指輪_エンゲージリング_エンゲージ_彼女_悩み_アドバイス_ポイント_ダイヤモンド_無関心

 

プロポーズの失敗事例として、お互いの収入に不安を感じているケースもあります。

結婚となると様々な出費がかかります。

 

・結婚式費用

・ハネムーン費用

・新居費用

・出産費用や養育費など

 

相手に不安は感じていなくても、自分に貯金がなかったりして申し訳なさから不安となり、プロポーズを断ってしまったという例もあります。もしくは相手に貯金がないことを知っていたり、収入面で不安を感じている場合なども同様です。

結婚はしたいけれど、家族となれば家計も共有。収入や貯蓄を重要視するのも無理はありません。

ある程度このあたりは払拭できるようにしておいた方が良いでしょう。

プロポーズ前から結婚を意識し合える時代です。

せっかくなので結婚を目標としてお二人で具体的な動きを事前にしても良いですね。

 

 

家庭の事情から

 

海外旅行_プロポーズ_婚約指輪_エンゲージリング_失敗_成功

 

家庭の事情からプロポーズを断ってしまうケースもあります。

複雑な事情から相手の家族に迷惑をかけたくないと抱え込んでしまったり。

そもそも両親が厳しすぎて、結婚を許してもらえないと考えている場合だったり様々です。

こういった場合には、きちんと話を聞いてあげて、理解してあげることが重要です。

そして理解した上で、どうしたら良いか話し合うことです。

 

昔と違って、本人達の意思が尊重される時代です。

決して解決できない問題はありません。

時間をかけてでもじっくりと解決していくと良いでしょう。

まずは耳を傾けることです。二人が良ければという話は本末転倒になってしまいます。

 

コミュニケーションを大切に

 

プロポーズ_成功_婚約指輪_エンゲージリング

 

プロポーズが失敗する事例について、一部をご紹介させて頂きました。

ヒトとヒトとの間にあるイベントです。決して答えや正解があるわけでもありません。

だからこそプロポーズが成功した時に二人が感じる感動は素晴らしいものです。

しかしリスクばかりをかけては意味がありません。

 

大切なのは、事前に結婚を前提にしたコミュニケーションを図っておくことです。

仕事の展望、結婚に対する価値観やプラン、子供に対する考えなど、普段から密にコミュニケーションをとっていればプロポーズが失敗する可能性はほとんどなくなります。

 

海外旅行_プロポーズ_婚約指輪_エンゲージリング_フランス_パリ_エッフェル塔

 

ある程度勢いが大切なのもプロポーズ。

タイミングを見計らってばかりだといつまでたってもプロポーズできないままになってしまいます。

そのためにもコミュニケーションをとっておきましょうね。

 

ぜひ素敵なプロポーズで、結婚の本当の始まりを良い思い出にして頂ければ幸いです。