結婚を約束し2人の愛の誓いの象徴「婚約指輪」

そして家族になることを誓い合う2つの象徴「結婚指輪」

この2つの素晴らしい出来事は永遠の始まりを奏でるプロローグとなります。そんな素晴らしい象徴、婚約指輪と結婚指輪ですが、2つが揃ってブライダルリングと呼んでいるところもあるようですね。

婚約指輪は女性が着ける指輪。結婚指輪は男性・女性がともに身につける指輪。

女性は婚約指輪・結婚指輪2つの指輪を同じ左手の薬指に身に着けます。そのため重ね着けを意識したブライダルリングを選ぶのがおすすめです。

しかし必ずしも重ね着け前提でブライダルリングを選ぶ必要はありません。

今回は重ね付け出来るデザインがなぜオススメなのかをご紹介します。

 


「統一感があって美しい」

 

 

 

まず初めに誤解して頂きたくないのが、「重ね着け」とは重ねて着けられるデザインの婚約指輪と結婚指輪を選ぶことであり、普段使いを目的にはしていません。

つまり、重ね着けを出来るデザインを選んでおけば、単体でも重ねて着けても何の違和感もなく身につけることができます。

もちろん、それぞれ好みのデザインを選んでも問題はありません。その場合重ねては着けられない場合が多く婚約指輪を右手などへ着用していただく方法があります。しかし右手と左手では指のサイズが違う場合も多く、本来の意味からもはずれてしまいます。そうなれば自ずと婚約指輪を使用する回数が少なくなってしまいます。

 

重ね着けを意識した婚約指輪と結婚指輪を選ぶことにより何よりもまずは統一感が生まれ非常に美しいことが一番のオススメのポイントです。

 

冒頭で「永遠の始まりを奏でるプロローグ」とお伝えしたのもココが非常に重要だと感じるからです。

まずは結婚を約束をするために婚約指輪を贈られます。そしてその婚約指輪の約束をより強固なものにするため「愛をロックする」という意味もあります。

その為、統一感のある婚約指輪と結婚指輪であれば、より統一感があって美しいブライダルリングからより一層深い愛を感じることが出来るのではないでしょうか?

「婚約指輪の形で選ぶ」

 

 

統一感のあるブライダルリングと言っても数多くあるデザインの中から選ぶのは大変です。

基本的な統一感のあるブライダルリングの選び方をご紹介します。

 

まずは、婚約指輪の形に合わせて結婚指輪のデザインを決めていく方法。

この方法は一番分かりやすく、統一感が出やすいブライダルリングを選んでいただける方法です。

婚約指輪は基本的にソリテール・ウェーブ・サイドストーン・エタニティと4つのベースとなる形があります。

そして結婚指輪にもストレート・ウェーブ・エタニティと3つのベースとなる形が存在しています。まずはご自身の指輪がどのようなものがいいのかを明確にしてみましょう。

 

ソリテールやサイドストーンの婚約指輪にはストレートやエタニティタイプの結婚指輪。

 

ウェーブラインの婚約指輪には同じくウェーブラインの結婚指輪を。

形を合わせると非常に美しくそして統一感のあるブライダルリングになります。

 

「婚約指輪のストーリー性に合わせて」

 

 

婚約指輪のデザインによってはデザインの中にお花のようなモチーフや、アンティークな加工が施されている婚約指輪もあります。

重ねて着けたときのストーリー性を大切に感じたい方には、モチーフに合うようなデザインの結婚指輪を選んでいただくのがオススメです。

ブライダルリングは一般的に人気なデザインや定番と呼ばれるものがあるので人気なものや定番スタイルは他の人とかぶってしまうという可能性もあるでしょう。

しかしストーリー性に合わせてブライダルリングを選んでいただく事によって、よりオリジナリティあふれるお二人らしいブライダルリングになります。

 

「婚約指輪と結婚指輪は一緒に選ぶ」

 

 

ご紹介したような方法でぜひ素敵なブライダルリングを選んで頂きたいのですが、当たり前と言われてしまうかもしれませんが、婚約指輪と実際に重ね付けしながら結婚指輪は選んで頂きたいということです。

なぜなら、見た目は同じタイプの結婚指輪だとしても、一本ずつ繊細に作っていますから仕様が違います。

その為婚約指輪を購入したお店と同じ場所に訪れるか、違うお店に出向く場合には必ず婚約指輪を持参して、重ね着けした時のイメージを確実なものにしていただきたいところです。

 

ブライダルリングは婚約指輪・結婚指輪を持ち、分かち合う人々と共に歩んで初めて永遠の愛の証となるのです。

二人にとって世界でたった一つのブライダルリング。素晴らしいもの選んでいただければ幸いです。