婚約指輪とはプロポーズや結納など婚約したことを記念して贈られる婚約記念品です。

ひと昔前までは、婚約の証としてお給料の三ヶ月分以上の価値・価格を持つダイヤモンドリング(婚約指輪)を男性側から女性側へ贈り、

今度は女性側からお返しとして半額程度の時計などの品を贈るといった流れがありました。

 

ともあれ現代では結納をせず、顔合わせ会食等だけで済ますカップルが多く、

婚約記念品としての価値観・考え方も大きく変わってきています。

それでも年間婚姻数のうち大半以上の方が婚約指輪を贈られているのは、婚約指輪が女性にとって憧れであり、

その日を記念するに相応しい品だからです。

 

しかし最近徐々に人気を集めているのが、婚約ネックレス。

お仕事の関係上、指輪を身につける機会がほとんどなかったり、そもそも指輪を身に付けたくない方など、

指輪という形ではなくネックレスという形で身につけられる方が増えてきています。

 

今回の記事では婚約指輪を指輪という形式だけでなく、ネックレスという選択肢で贈り、身につける選択肢について詳しくご紹介したいと思います。

 


 

▷ そもそも婚約指輪とは??

 

 

そもそも婚約指輪とはどんな物を指すのでしょうか。

そこに明確なルールはありませんが、通例的概念は存在しています。

 

基本的に婚約指輪とは1石で価値の高いダイヤモンドが主役となっている指輪のことを指します。

つまり婚約の証として価値の高い宝石(ダイヤモンド)を贈り一生物の宝物として女性側が持ち続けるための品です。

簡単に言ってしまえば、ダイヤモンドリングです。1石で0.2〜0.3以上ある無色透明で美しいカットが施されたダイヤモンドであることが基本です。

 

ダイヤモンドリングとは男性で例えるなら時計に等しいものです。

大人の装いが必要な時にしっかりと身につける装身具とでもいいましょうか。

価値の高いダイヤモンドリングを1つ持っておくと、結婚式などこれから参加していく様々な行事(イベント)においてとても重宝します。

婚約指輪という言葉から誤解されがちですが、婚約指輪は婚約の証として贈られたものであって、婚約期間中だけの指輪ではありません。

 

つまり価値が高く美しいダイヤモンドが主役の指輪であるからこそ、

世の女性たちは憧れ、プロポーズや婚約記念品として長い歴史の中で愛され続けてきたわけです。

 

もちろん主役の宝石がルビーであったりサファイアであったり他の宝石でも問題ありませんが、

ダイヤモンドには4Cと呼ばれる世界共通のグレーティングシステムが存在しているため、非常に価値が安定しています。

一生物の指輪だからこそ、価値が安定しており、美しいダイヤモンドが最も人気なんですね。

地金(材質)としては、プラチナもしくはゴールド(K18)が通例です。

 

価値の高い宝石をまとったジュエリー。

それが今までは指輪という選択肢でしたが、主役のダイヤモンドに憧れと目的があるのであれば、

ネックレスやブレスレットでも構わないというわけです。

 

 

▷ 婚約ネックレスというメリットとデメリット

 

婚約ネックレス_ダイヤモンド

 

指輪にこだわらず、価値の高いダイヤモンドをまとったネックレスを婚約ネックレスとして贈る。

それは相手の価値観やライフスタイルによっては指輪以上に喜ばしいものとなるでしょう。

現代においても圧倒的に指輪が多いのですが、徐々にネックレスという選択肢が増えてきています。

 

理由としては明確です。女性側が指輪という形式を望んでいないケースだからです。

お仕事上、どうしても指輪を身に付けられなかったり、そもそも指輪よりもネックレスの方が普段も身に付けられて便利。

と考える女性が増えてきています。この点はその方のライフスタイルによって大きく変わる部分ですね。

 

逆に元々指輪という形式を望んでいなくても、いざその場面になってみれば、指輪に憧れを抱いた。

といったケースも多いものです。この点は慎重に選ぶと良いでしょう。

婚約ネックレスにするメリットとデメリットをご紹介します。

 

【メリット】

・常に身に付けられる。(カジュアルにも身に付けられる)

・普段指輪を身に付けない方にも馴染みやすい。

・紛失しづらい。

・指輪に比べてコストを抑えやすい。(デザインによって大きく変わります)

・周囲に目を気にせずに済む。

・サイズを気にしなくて良い。

 

【デメリット】

・対外的に婚約感が出ない。

・時とともに指輪にしたくなる可能性がある。

・チェーンで留めるため、切れやすい。(修理は可能)

・スウィートテンなどのプレゼントの候補をなくしてしまう。

・指輪よりもダイヤモンドが小さく見えてしまう。

 

相手のライフスタイルに合わせて選ぶ上で大切ですが、

贈る側にとってみればサイズなどを気にしなくて良いのは大きなメリットとなりますし、

お相手の方も指輪だとサイズが変わってしまうとややこしいですが、その点においては心配がありません。

 

婚約指輪だと左手薬指というルールや見た目もあり、婚約したというイメージが湧きやすいですが、

ネックレスだと婚約感は出づらくなります。(説明すれば理解してもらえるかと思います)

 

 

▷ 婚約ネックレスのデザイン

 

婚約ネックレス_ダイヤモンド

 

婚約ネックレスの場合は、婚約指輪と同様に価値の高いダイヤモンドが主役となってくるため、

基本的には1ポイントのペンダントトップとしてセットするシンプルなデザインが基本となってきます。

写真のように、小さめのダイヤモンドをさらにセットして贅沢な印象にすることも可能です。

 

婚約ネックレス_ダイヤモンド

 

また婚約指輪と同様に、プラチナで生成することをおすすめします。

プラチナは非常に安定した貴金属のため、生涯に渡って持ち続けるジュエリーとしては最もおすすめな材質です。

色味を出したい場合は、イエローゴールドやローズゴールド等の18金素材を採用すると良いでしょう。

 

 

▷ ダイヤモンドプロポーズで選択肢を残しておく

 

プロポーズ_プレゼント_ローズ_バラ_ボックス_サプライズ_演出

 

婚約指輪に、婚約ネックレス。

どれも素敵ですし、何より大切なのは一生物かつ憧れのジュエリーについてお相手の女性が納得のいく品かどうかです。

ほとんどの女性が初めてのブライダルジュエリーとなりますので、ネックレスの方が良いのではないか。と考えても、

いざその場面になれば印象が変わる可能性もあります。

 

この点は素晴らしい配慮をすべく、ダイヤモンドプロポーズという方法で素敵なプロポーズはもちろん、

相手にとってベストな選択肢を残しておくと良いでしょう。

 

婚約ネックレス_ダイヤモンド

 

婚約ネックレス_ダイヤモンド

 

ダイヤモンドプロポーズとは、婚約指輪等の主役となる価値の高いダイヤモンドのみでプロポーズを行い、

そのダイヤモンドを元に相手の好きなジュエリーをオーダーメイドで叶えてあげる方法です。

 

このダイヤモンドプロポーズであればサプライズかつ憧れのダイヤモンドでプロポーズが行えることはもちろん、

ダイヤモンドのみなため好みなデザイン等は後の選択肢として残しておくことができます。

これ以上ない配慮とサプライズ性によってきっと素敵なプロポーズを成功させてくれるはずです。

 

婚約指輪_ブランド_EIKA_エンゲージリング_プロポーズ_プレゼント_フラワージュエリー

 

 

最高のダイヤモンドプロポーズなら、EIKAフラワージュエリーのエンゲージメントコレクションを強くおすすめします。

世界最高級の枯れないバラと婚約指輪等の主役となるダイヤモンドが融合した究極のダイヤモンドプロポーズコレクションです。

 

プロポーズ_バラ_プレゼント_プリザーブド2

 

 

こちらのコレクションには、贈られたダイヤモンドをベースにして、

後から相手の方の好きなジュエリーを無料でオーダーメイドできるサービスがつけられているため、

1つのプレゼントで理想の全てを叶えることができます。

 

基本はリング想定になっていますが、フルオーダーメイドにも無料で対応しているため、

ネックレスやブレスレット等へのアレンジも自由自在です。ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

 

> EIKAフラワージュエリー・エンゲージメントコレクション特集