都会の明かりがすべて消えたら、美しすぎる絶景に。

EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei9

都会には、色とりどりの照明たちがギラギラと輝いている。

都会に住むヒトにとって光に満ちあふれたその光景は当たり前だったりします。

しかし、高層マンションやタワーから見下ろすと、それらは一つ一つの照明が集合体になった姿だと改めて感じる事ができます。

 

では、大都会の明かりをすべて遮断したら今私達が住む都会はどのような光景になるのでしょうか?

モノゴトの本質は、新しい場所ではなくそのモノ自体に埋まっている。

 

そんな大胆な構想を実現してしまった作品を本日はご紹介します。

 

 

 


 

 

フォトグラファーのThierry Cohen氏が2010年から創作しているシリーズ「villes eteintes’ (darkened cities)」では、東京やニューヨーク、パリなど世界の主要都市がモチーフにされている。

 

最初に、正確に場所を記録した大都市の写真を撮影。

そして、地球の自転を計算し、その都市で見えていたであろう天空を、サハラ砂漠など星空を邪魔するものがない別の場所でも撮影し、最後に、その2つの写真を合成する、という手法で撮影された作品。

 

想像を超えた絶景がそこに広がっている。

今私達が住むこの大都会の本質的な情景を体現した美しい作品なのです。

ではご紹介していきましょう。

 


 

 

EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei1

 

目を疑う美しさです。都会や照明が生まれる前は、こんな景色を先人達は見ていたのでしょう。

 

EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei2

 

都会ではプラネタリウムが人気ですね。時には美しい星空を求めて遠くへ旅する事も。

でもこの都会もまぎれもない世界の一部であり、美しい情景は失われたのではなく、今もここに存在しているんですね。

 

 

あの光景も、こんな風に変化します。

これら光景は、電力が完全に遮断されない限り、実際に拝む事はできなさそうですが、

ぜひ写真を見て体験してみてください。

 

EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei3 EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei4 EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei5 EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei6 EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei7 EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei8 EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei9 EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei10 EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei11 EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei12 EIKA_JOURNAL_POST_140521tokai-yakei13

 

 

 


 

 

いかがでしたでしょうか。

息をのむ絶景をご堪能頂けたかと思います。

 

もし人類が将来的に滅ぶような事があれば、このような世界になるのでしょう。

そんな未来は見たくありませんが、何か痛烈なものを感じずにはいられません。

 

社会や概念、進化。

時間の流れとともに、得るものと忘れてしまうものが生まれてきますよね。

 

自然そのものの美しさ。 ヒトが作りだす美しさ。

これからの時代、それらが素敵なバランスで調和していってほしいものです。

 

 

 

image (c) Thierry Cohen

Thierry Cohen
http://thierrycohen.com/index.html

DANZIGER GALLERY
http://www.danzigergallery.com/artists/thierry-cohen